コールセンターで働く

コールセンターとは、会社に所属していながら、相手にするのはお客です。
派遣などでは、一応のマニュアルだけを預けられて、社内業務は一切関係なくお客との対応だけをすることもあります。
例えば、注文や商品の問い合わせ専門の部署につくことで、ひたすら注文を聞くだけ、問い合わせに対応するだけの業務もあります。ですから、1日中同じことの繰り返しということも多いです。

コールセンターで働く方の中で、1日数時間週に数回という方も少なくありません。
自分の好きな時間、働ける時間にパート感覚で、対応することも可能です。人と話すことが好きな方にとっては良い仕事になりますが、話すことは苦手でも、電話なら大丈夫という方に向いています。
注文にしても、問い合わせ、時にはクレームだとしても直接面と向かって話す必要はなくあくまでも電話口での応対になります。
また、会社は、マニュアルを用意していますから、たいていの言葉は自分で考える事なく機械的に発していくことで失敗ありません。それに自分のコミュニケーションスキルをプラスすることで、業績アップにもつながるとされています。

ですから、コールセンターで働くことは、案外と楽しいと言う方も少なくありません。
たくさんの従業員が大きな部屋でそれぞれが電話の対応をするわけですが、皆が同じ相手をしているのではなく、一人ひとり独立した影響をしているとこになります。
ですから、自分のセンスで、コールセンター業務を一つ一つこなすことが出来ます。