コールセンターで働くデメリットはある?

コールセンターで働くことのデメリット、これもゼロではありません。
それぞれ内容は色々ですが、コールセンターでは、電話を受ける業務と電話をかける業務があります。
受ける業務は、注文や問い合わせなどですが、かける業務は営業です。商品の売るための営業が目的になります。以前注文をしたあるメーカーから新製品がでたのでいかがですか?という電話がかかっていることはよくあることです。

このかける電話の場合、ノルマが生じることがあり、それが雇用や昇給に関係することがあります。
とは言え、そう簡単に営業成績が伸びるものではありません。ここが悩むところです。注文を受けるだけだとしても話し方で気を使ったり、研修期間が長い、商品が多いなどの数多くのデメリットもあります。
うまく商品の良さを伝えきれなく、クレームを受けることが頻繁にあったりと、すっかりコールセンター嫌いになってやめるかたも少なくありません。

職業には向き不向きがありますから、仕方のないことですが、しゃべりにあまり自信がないという方にとっては、コールセンターの仕事は少し重荷に感じることもあるようです。
だれでも出来ますという誘い文句で気軽に面接を受けて、良いことを言われたあとに、とても大変だったと初めて気がつく方も少なくありません。